2011.06.30

昨日の収穫

F110630_01

昨日は勝沼で日本一暑い38.5℃を記録!

大泉も夕刻を過ぎても30℃超、でも爽やかな風が吹いていた分まだ良かったけど。

でも以前は30℃を越すなんて稀だったけど、ここ数年は当たり前になってきているのはちょっとね(^^;)

で、ちょっと涼しくなってきてからレタスと水菜とミニチンゲン菜を収穫してきた。

レタスと水菜は昨夜サラダにして食べてみたけど、水菜はシャキシャキというかちょっとコワい感じ。
でも味は濃い気はする。

今晩はミニチンゲン菜で炒め物をしてみるつもり。

| | コメント (0)

2010.10.03

ミニトマト棚撤収

F101003_01

□本日の作業
 ・アイコの棚を撤収
 ・大根の畝の草取り

すっかり主枝もカサカサになり、もう待っていても実が赤くなりそうもないのでアイコの棚を撤収してくる。
ほんと今年のアイコは出来がよく、沢山を実を付けてくれよく働いてくれた。感謝感謝である。
労をねぎらいながら撤収作業をする。

F101003_02F101003_03

先日間引きした大根はさらに勢いが増した感じで葉が大きくなってきた。
もうここまでくれば多少虫がいても大丈夫だろう。
畝の雑草が目立ってきたので草取りをしておく。

F101003_04F101003_05

やっと涼しくなってきたこともあり、白菜も順調に成育中。

F101003_06F101003_07

リーフレタスもいよいよ採り頃を迎えた。これからまたしばらくはサラダ祭りだ(笑)

F101003_08F101003_09

今年の(大)坊ちゃんはしぶとい。主株はもうとっくに枯れてしまったものの、支線の株からさらに新しい支線が出て、まだ花や実を付けている。
でもようやく本来の坊ちゃんの大きさになってきた感じ(^^;)
別名“栗坊”っていうくらいの坊ちゃん、今年も柔らかくホクホクとして甘いくて美味い。

| | コメント (0)

2010.06.27

畑の手入れ&収穫

F010627_01

□本日の作業
 ・草刈り
 ・ミニトマトの手入れ
 ・キュウリの手入れ
 ・リーフレタスと水菜・味美菜の収穫

天気が悪かったり、腰の調子が悪かったりでだいぶ畑仕事がご無沙汰になってしまった。
陽気と雨のおかげで畑の作物や雑草も伸び放題。
特にキュウリとミニトマトは枝葉がごっちゃになってきていたので、剪定や誘引等手入れをしておく。
あとトウモロコシの根元の雑草も、そのまま抜くと根元が緩むので、ハサミを使って丁寧に刈っておいた。

F010627_02F010627_03

ジャガイモもだいぶ大きくなってきた。ここまでくれば“ニジュウヤホシ”の影響もないだろう。
水菜もエラいことになってきたのでここらで収穫。

F010627_04F010627_05

カボチャの葉勢がスゴい。しかし“み〜農婦”曰く『葉の形や花も大きいし、もしかしてコレ坊ちゃんじゃないかも…』…確かに(^_^;)

ロマノいんげんも順調に生育中。併せてだいぶ雑草も生育中だったので一気に草刈りも実施。

F010627_06F010627_07

キュウリもしばらく見ないうちにまた枝葉がゴッチャとなっていたので、誘引して剪定しておく。
どれを切るか…この勇気と決断も野菜つくりには重要…かも(笑)
でも剪定してスッキリした感じ。

F010627_08F010627_09

あとは2期分のレタスも大きくなってきたので、丸レタスも含め1期分のリーフレタスを根こそぎ収穫してくる。
併せてスゴいコトになっていた水菜と味美菜を収穫。
これでまた当分サラダ祭りだ(^_^;)

| | コメント (0)

2010.06.02

植付け完了

F010602_01

□本日の作業
 ・トウモロコシの追い蒔き
 ・リーフレタスの2期分植付け
 ・ミニトマトの手入れ
 ・害虫見回り・駆除

天気や土の状態が悪かったり、用事があったりでなかなか出動出来ず、久しぶりの畑仕事。
ここのところの雨で水分はたっぷりでじゃがいもを始め順調に生育はしている感じ。
ただそろそろ虫も雑草も勢いを増しつつあるね。

F010602_02
F010602_03F010602_04

北あかりもアンデスもだいぶ葉が大きくなってきた。
ただ二三発芽していない株があるのがちょっと残念。

F010602_05F010602_06

それと少ないとはいえやはりあの憎き“ニジュウヤホシ”を発見。それと産卵された卵も。
即刻駆除しておいたのは言うまでもないが、ついでに3号畑全体を見回っておいた。(おせっかいかもしれないけど・^^;)
確かに居るところ居るが、居ないところの方が多く、しかも葉も虫食いが少なくきれいなところが目立った。
皆さんが早めに対処してくれているのおかげなんじゃないか思う。素晴らしい!優秀優秀。
腰が限界だったの今日は3号だけしか見回れなかったけど、この分なら大発生の心配はなさそう。


F010602_07F010602_08

ロマノいんげんもすべて発芽を確認。


F010602_09F010602_10

1期分の水菜も大きくなり出した。
時期的にちょっと遅いような気もするが、2期分の水菜と味美菜の種蒔きをしておく。

F010602_11F010602_12

最後に2期分のリーフレタスの苗を植えてくる。
これで今年の夏野菜の植付け作業はすべて完了。
ちょっと天候が心配だけど、順調の育ってくれることを願おう。

| | コメント (0)

2010.05.22

もろこし種蒔き第二弾

F010522_01

□本日の作業
 ・第二期分のトウモロコシの種蒔き
 ・キュウリ、ミニトマトの棚作り
 ・玉レタスの植付け

予定では明日作業をしようと思っていたのだけど、朝から大雨って予報が出ていたので、急遽休みをもらって残りのトウモロコシの種蒔きとレタスの苗の植付け、棚作りをしてくる。

F010522_02F010522_03

第二期分のトウモロコシの種蒔き完了。前回撒いた一期分はようやく芽が出てきた。

F010522_04F010522_05

まだ全株出切ってないが、ほぼ全部発芽しそうな感じ。
これにてトウモロコシの種蒔きは全て完了。


F010522_06F010522_08
F010522_07F010522_09

じゃがいももその後順調に大きくなっている。
…がっ!

F010522_10F010522_11

早くもあの憎き害虫“ニジュウヤホシ”が出現!!
ペアリングも始まっているようで、放っておいたら産卵、増殖ってことになる。
ってことで当然即刻駆除!
とにかく先手必勝、出始めが肝心で産卵させないことが重要!!だからね。
今日のところは近隣だけだったが、見回って完逐!
こればっかりは自分の区画だけ駆除しても意味がないから、みなさんも近隣を含め見かけたら即刻駆除してくださいね。
薬に使いたくない場合はとにかく人海戦術で駆除するしかないですからね。


F010522_12F010522_13

先日撒いた水菜も芽を出してきた。…あっ二期分撒いてくるの忘れた(_ _;)

F010522_14

玉になるレタスも植えておく。
あとはミニトマトとキュウリの棚を作って本日の作業は終わり。
これだけ終わらせておけば、もういつ雨が降ってもOKだ(笑)

| | コメント (0)

2010.05.16

葉モノ植付け

F010516_17

リーフレタスの第一期分の植付け。
まずはいきなり植え付けにはいらず、マルチに仮置きしてレイアウトと間隔の確認。
大きくなることを考えていい塩梅に間隔を開ける。
ビジュアルもこだわるなら色合いも考えましょう(笑)

F010516_18F010516_19

まずは置いた苗のポットサイズに合わせてシャベルで穴を開け、だいたいポットの土の高さに合わせて土を掘る。

F010516_20F010516_21

開けた穴にたっぷり水を入れてから苗を穴に入れる。
マルチよりちょっと土が出るくらいがベスト。だから穴が大きすぎても、深すぎても良くない。
あとはまわりに土を被せ、軽く押させるだけ。
せっかく根付いているんだからポットの土と根はあまりいじらないようしたほうがいい。
野辺山のプロの農家はほんと苗をマルチの穴に差し込むだけ、それでちゃんと根付くから十分とのこと。

F010516_22F010516_23

ってことで我が家も真似してます(笑)
はい、これで完了。

F010516_24F010516_25

次に水菜の種蒔き。
マルチに穴を開けたら、ひとつの穴に3粒づつちょっと離して種を撒く。
こするとひと穴で一食分の束として収穫出来る。
これもプロの農家でやっているのを見て参考にしてみている。

(※ここでのやり方は、いろいろなコトを参考にした上でのあくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年それなりにいい結果が出ているので良しとしていますので、あしからず)

| | コメント (0)

2009.11.02

大根試し掘り

F091102_01
月替わりと共にやってきた寒冷前線の通過に伴い、急激に寒くなるってことで畑がちょっと心配だったのと、人に差し上げるモノが必要だったってこともあり、仕事前にちょっと畑に行って大根の試し掘りをしてくる。
冷たい雨と風は吹いているものの思ったほどの冷え込みにはならず、今日のところは大根は大丈夫だった。
大きさも形もまあまあってところではあるが、出来れば週末まで収穫を待ちたいところ。
予報では明後日の朝かなりの冷え込みになるらしいのだが、でもそれ以降はまた穏やかな日が続くとか。
ポイントはそこだなぁ…
霜にあたったら、目も当てられない。ここまでの苦労が水の泡だもんね。
まあこういうところが自然を相手にする恐さ、難しさなんだけど。

去年もこの時期冷え込んでヒヤヒヤしたんだよね。
なんとかもうひと踏ん張りしてもらって、週末一気に収穫、保存したいものだ。

その他、レタス、水菜、味美菜はちょうど採り頃って感じ。
こちらもタイミングを逃さないように気をつけなければ。

| | コメント (0)

2009.10.07

畑の様子

強力な台風18号が接近中で、しかもいちばん嫌なパターンのルートで上陸してきそう。
地形的になのかあまり台風の影響を受けない八ヶ岳南麓ではあるが、このルートはちょっとヤバかも。
ってことでちょっと畑を視察。

F091007_01
ちょっと見ない間に大根は結構大きく育ってきた。
葉も虫食いもなく、色もとても濃い緑で見るからに勢いがいいって感じ。
実の方もしっかりと大きく育っているようで安心。

F091007_02F091007_03
種蒔きの際に肥料をコメリの“ぼかしっこ”とJA梨北の“梨北野菜有機配合”と蒔き比べて見たのだが、やはり“梨北野菜有機配合”を使った方に勢いがあるみたいだ。
右の写真の左の畝が“ぼかしっこ”、右が“梨北野菜有機配合”。実際見比べると良くわかる。
やはり来年も“梨北野菜有機配合”でいこう!

F091007_04
白菜をはじめ、他の葉モノも順調に成育中。なんか一気に大きくなってきた感じ。
白菜は虫食いも無いし。あとは上手く丸まってほしいものだ。
そして台風の被害が無い事を祈ろう。


F091007_05F091007_06
白菜とレタス

F091007_07F091007_08
味美菜と水菜

| | コメント (0)

2009.05.20

もろこし種蒔き第二弾

F090520_01□本日の作業
 ・第二期分のトウモロコシの種蒔き
 ・味美菜、水菜の種蒔き
 ・害虫ニジュウヤホシの見回り、駆除

いかにも八ヶ岳らしいカラッとした初夏の陽気の最高の畑日和の中、トウモロコシの第二期分の種蒔きをしてくる。
雨のせいで第一期の種蒔きが遅れた分、予定が若干狂って、蒔く間隔が短くなってしまったがまあ仕方あるまい。
あとは味美菜、水菜等葉モノの種蒔きを済ませる。
これであとはトウモロコシの残りを蒔けば夏野菜の植付けは終了。


F090520_02F090520_03
△トウモロコシと葉モノの種蒔き完了

F090520_09F090520_10
△今年はみ〜農婦が「移動コンパニオンプランツ」を実験中。
 これだとミントなどのハーブをポットに植えて、必要に応じあちこちに移動させられるのだとか。
 確かに去年は脇役のコンパニオンプランツの方がスゴいことになってしまったってことがあったかなぁ。
 これはちょっと面白いアイデアかも。

F090520_05F090520_06
F090520_07F090520_08

F090520_11ようやくジャガイモの葉が顔を出してきたが、同時にあの憎き害虫“ニジュウヤホシ”が早くも登場!!
しかもすでに産卵まで確認できた。葉が出始めたばかりなのにもうテリトリーを確保しているみたいだね。
当然即刻駆除!
とにかく先手必勝、出始めが肝心で産卵させないことが重要!!だからね。
ってことで今日のところは1号・2号畑は全て見回って完逐!
みなさんも見かけたら即刻駆除してください。
F090520_12F090520_13
△すでに卵まで発見!ラブラブ中でもお構いなしにやっつけましょう!

| | コメント (0)

2009.05.13

種まき開始

F090513_01

□本日の作業
 ・トウモロコシの種まき1期分
 ・ロマノいんげんの棚作り、種まき
 ・味美菜、水菜の種まき
 ・玉レタスの苗付け

天気も良いし、土の状態も良さそうなので、先日出来なかったトウモロコシや葉モノ野菜、ロマノいんげんの種まきをしてくる。
それと出かけたついでに韮崎のJA梨北で“玉レタス”の苗を買ってきたのでそれを植える。
しかし折角植えたのに、今夜から寒気が入って気温が下がってくるとか…霜が降りなければいいけど(^_^;)

F090513_02F090513_03

▲今年もロマノいんげんにした。いつものように棚を作ってから支柱の根元に2粒づつ種を撒く。
 はやくこれをツマミにビールを飲みたい。

F090513_04F090513_05

▲第1期分のトウモロコシの種まきと玉レタスの苗付け完了。

F090513_06F090513_07

▲毎度おなじみ味美菜の1期分種まき完了。いつものようにひと穴3粒づつ。

F090513_08F090513_09

▲今年は“みずみずしい菜”という水菜をチョイス。袋の中にさらに袋入りってなんかスペシャルな種だった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧