2013.08.28

秋野菜の準備の下準備

F130828_img_7392

□本日の作業
 ・トウモロコシ残菜処理
 ・大根予定区画の草取り
 ・アイコの剪定と収穫

今日も朝からすこぶるいい天気♪

なんとなく秋の空気を感じる今日この頃。
そろそろ秋雨前線がどうたらってニュースが盛んに言われ出したし、そろそろ秋野菜の準備を進めようと、大根植付け予定区画とトウモロコシの残菜の撤去処理をしてくる。

日曜日の大雨の影響でまだ土が水っぽいので、今日のところはロータリーとは見合わせ。

F130828_img_7394

我が家流のトウモロコシの残菜の処理は、まずブルーシートを敷いて立ったままの茎を裁ちバサミでバサバサと切っていく。
こうすると後で木っ端を拾い集める手間も省けるし、集めた残菜をブルーシートを引きずることで簡単に移動も出来るしとても便利。
そして根っこを引き抜き易いところまで茎を伐ったら、根っこを抜きシートの上で更に細かく伐るってのを繰り返す。
こうすると処理具合も一目瞭然だし達成感もあるし、何より疲れない(笑)

F130828_img_7402
F130828_img_7401

とりあえずこんな感じで秋野菜の植付けの準備の下準備は完了。
気持ちいい風といろいろな自然の音の中での作業は非常に気持ちいいし、癒しになる。

F130828_img_7389
130828_img_7390

そしてアイコは相方絶好調♪
我が家だけでは当然食べきれないので、あちこちにお裾分けしたり、今日は友人たちが来て収穫体験&摘取り食べ放題体験まで(笑)

130827_img_7387

先日はドライアイコの仕込みも。
今年は暑さが功を招してドライアイコ作りには最適だった。
ほんとに天日と風さらしだけでOKだったもの。

まあ丸3日干すとちょっとドライ感が強過ぎる感はあるけどね(^^;)

F130828_img_7391

緑の実もまだまだ一杯あって、今年もまだまだ楽しめそう♪

| | コメント (0)

2013.05.14

苗の買付け&植付け

130514_01

昨日カッコーが鳴くのも確認したし、天気も良いしで今日は苗付け。
まずはその前にいつも通り富士見駅前の“ミヨシ”さんへ苗の買付けに行ってくる。

いつもの駐車場の売り場には真新しいテントが張られ、なんかこ洒落た感じになっていた。
そしてやっぱり平日は苗の在庫もあり、ゆっくり品定めして買えるのでいいね。

130514_02

今年はいつも以上にトマトの苗の種類が豊富のようす。
まあ今トマトは流行りだからね。

F130514_01

でも我が家は浮気もせず、真っ先にアイコの元へ(笑)
昨年同様接木バージョンではなく“実生”モノにした。
やはり人気が高いようで一番売れ筋みたい。
2株買い忘れて午後再度買いにきたら、案の定もう残りひと株しか残ってなかった。
仕方なく、もうひと株は沢山残っていた接木バージョンを買ってきた。
まあいい実験になるからこれもアリかな。

F130514_02

ナスもいつも通り千両二号で、昨年なかなか調子がよかったのでこちらも“実生”モノを購入。
去年アドバスくれたおばちゃんに感謝(笑)

F130514_03

キュウリは定番の夏すずみが残念ながら売り切れだったので、お兄さんに聞いて一番感じが近いっていう“フリーダム”っていうのにしてみた。
イボがないってのがちょっと気になるが、まあたまには違う品種にするのも面白いかな。

F130514_04

ミニかぼちゃもいつも通り“坊ちゃん”で。

F130514_05

あとは玉レタスの“サウザー”とコンパニオンプランツ用にスイートバジル。

F130514_06

変わりダネとしては“アイスプラント”を試してみることにした。

F130514_07

さっそく畑に戻って苗付け作業。

モロッコいんげんも畝立てして、棚を作って種蒔きをしておく。

F130514_08

トウモロコシも一期分、ふた畝だけ種を撒いてひとまず夏野菜の植付け完了。

カラッとしたYatsugata系気候で、今日は野良仕事には絶好のコンディション♪
作業しててもほんと気持ちがいい♪
ただ土が乾き過ぎているようなので、植えた苗と種にはたっぷりと水をあげておいた。

あとはヘンな遅霜が来ないことを祈るのみ(_人_)

F130514_09

| | コメント (0)

2013.04.28

2013シーズンスタート

130428_04

□本日の作業
 ・有機石灰撒き
 ・作付け下準備
 ・畝立て、マルチ張り
 ・じゃがいもの植付け

休みの関係で、連休の谷間は天気が悪くやろうと思っていた畑仕事が出来そうもないので本日決行!

今日は絶好の野良作業日和♪

F130428_01

八ヶ岳や富士山、南アルプスがばっちり見える中、早めに畑入りしてまっさらな区画をまずは初期化

F130428_02

例年通りコメリで買ってきた“有機石灰Ca”を各区画に一袋づつ散布。

F130428_03

先シーズン、もろこしの残菜やその他諸々の残菜を鋤込んでいたので、今年も腐葉土の散布は無し。
相変わらず産地が怪しいこともあってね。

F130428_04

そのあと“こまめ”でひと通りロータリー掛けて真の初期化完了。

F130428_05

地縄を張ってまずはレイアウト。
今年は“りらん”区画がジャガイモとトウモロコシの区画に変る。

レイアウト的は例年とほぼ同様。

F130428_06

肥料は例年通り“梨北野菜有機配合”と“木酢発酵鶏ふん”のブレンド。
(どちらも韮崎の“JAりほく”にて購入)

F130428_07

まずはジャガイモの畝立て。
今年も通りが通って、エッジが立っていい感じに仕上がった(笑)

F130428_08

続いてトウモロコシ用のマルチ張り完了。
ちょっと風が強かったが、風にもなびかないような張り具合。
それでも今年は80点くらいの出来かなぁ(^^;)

F130428_09

お昼も回りちょっとしんどかったが、そのまま“らいなす”区画のマルチ張りも決行。
一気に夏野菜植付けの準備をやっつけた。

おかげでヘロヘロ&ちょっと筋肉痛 (>_<;)
寄る年波には勝てないようで、年々辛くなってくるなぁ(^^;)

とりあえず今日はジャガイモの植付けだけして終了。
未だ霜注意報が頻発する中、苗植えなんてとんでもないから苗の植付けは半月後。
その間に地温も上がるでしょ。

F130428_10

去年同様、なんだか今年もいつまでも寒い八ヶ岳。
苗の植付けはちょっと遅めの方が良さそうな気配。

まあ慌てずじっくり時期をみて作業しよう。

| | コメント (0)

2012.12.09

今シーズン終了

121209_05

□本日の作業
 ・残りの白菜の全収穫
 ・獣害防止ネットの撤去

今シーズン最強の寒気が流れ込んでるとかで、雪が降りまるで真冬のような寒さになっている八ヶ岳。
もう潮時だろうと残しておいた白菜の収穫に、この寒空の中畑に作業に行ってきた。

121209_02
121209_03

霜降り白菜にするつもりが、霜降りどころか凍み白菜になってしまった(^^;)
今年は真冬が早過ぎる。

外っ葉はだいぶ凍っているけど中はまだ大丈夫…と思いたい(^^;)
ひとまず全部新聞で包んで保存。

そうそうあれだけ回りをネットで囲っていたのに、ひと株だけ何者かにカジられた形跡あり。
それでも今年は被害はこれひとつだけ、やはりネットは効果があるね。

役目を終えたネットも撤去して、今シーズンの作業はこれで終了。

121209_04

この寒さでも室(むろ)に保存してあった大根はまだまだ新鮮。
やはり天然の冷蔵庫は偉大だ(笑)

包丁入れても瑞々しくて、今夜はコレでまたおでんだ。

| | コメント (0)

2012.11.18

冬支度

F121118_01

□本日の作業
 ・大根・白菜の収穫
 ・大根用室(むろ)作りと収納
 ・白菜の紐結び

そろそろ冷え込んできたので、大根・白菜の収穫と冬支度をしてくる。
しかし昨日あれだけ雨が降ったので今日は作業無理かなぁ〜と思っていたけど、無事やる事やれて良かった。

F121118_02_2
F121118_03

大根はまだ葉も青々としていたけど、今回を逃すとちょっと先まで畑作業が出来ないし、タイミングを逃して台無しになるのは嫌なので全部収穫してしまう。

F121118_04

あれだけ植えて、まともなのはこれだけってのは悲しいがまあ今年は仕方ない。
でもいろいろまた解ってきたこともあるので、来年はちょっと作り方を工夫してみよう。
やっぱり自由奔放より競らせた方が真直ぐ育つようだ(笑)

F121118_05

で、すぐ食べるもの意外はいつものように室(むろ)を作って地中にストック。
今回は大きな発砲スチロール箱が手に入らなかったので、同じモノを連結して設置。
元々のフタも上手く使って最大限の大きさにしてみた。

F121118_06_2

出来上がって室にこんな感じで大根を入れて保存。

F121118_07

あとはフタをして、周りにこんな感じで土を盛って完成。
我ながら今年はいい感じに出来た♪
これで今年の大根の作業ははひと段落。
 
 
 
F121118_08
F121118_09

白菜は昨日の雨のせいで思っていた通り外っ葉がめくれて危うい状態に(^^;)
でもまあ芯部は全然問題ないので安心。

F121118_10

とりあえず直近で食べる分とお裾分けの分を収穫。
ちょうど上手い具合にLサイズ、Mサイズ、Sサイズになった(笑)

F121118_11

そしてあとは霜降り白菜用に紐巻きして温存。
これで冬支度も終わってひと安心。
あとは食べるだけ〜♪

| | コメント (0)

2012.08.28

ドライに挑戦

F1200826_02

120826_03

先日収穫したアイコをドライトマトにしてみた。

作り方はいたって簡単。
アイコを縦半分に切って並べて日光浴させるだけ。
採った日は午後から干したのであまり日にさらせなかったけど、次の日からは最高のドライ日和。

120827_02

梅干し用の梅カゴを用意して、不織布を敷いた上にアイコを並べ替え、さらに不織布を掛けて飛ばないようにクリップで留めて一日日光浴。

日が沈んでからは室内に入れて夜風に当ててクールダウンさせながらさらに乾燥。

するとこんな感じでだいぶセミドライな感じになってきた。

120828_01

120828_02

さらにもう一日同じように日光浴させるとこんな感じ。
今日は朝から雲が多い天気でちょっと心配だったけど、今日一日日光浴させて、程よいジューシー感のセミドライな娘たちに仕上がった。
欲をいえばもう一日日光浴させたかったけど、諸事情で今回はこれまで。

120828_03

さっそく味見してみた。へへへへへへへ…♪ 
自分で言うのもなんだが、旨味がぎゅ〜〜〜〜〜〜っと詰まった甘みでマジ美味い! 
大成功ぉ!

たったこれだけの事でこんな美味しいモノが出来るってのは、夏でも乾いている空気と長い日照時間が期待出来る八ヶ岳の地の利があってのことだと思う。
そして出来の良い素材(笑)

八ヶ岳の自然に感謝。

| | コメント (0)

2011.08.31

なんとか秋野菜準備・大根種蒔き完了

F110831_01

□本日の作業
 ・大根用畝だて、大根種蒔き
 ・白菜用マルチ張り

先日までの愚図ついた天気で出来ずに延び延びなっていた上、台風の接近も予報され、諦めかけていた秋野菜の準備。

昨日久しぶりに晴れて、思わず仕事サボって野良作業しようかと思ったが、グッと我慢。
ココが兼業ファ〜マ〜の辛いところ(^^;)

このまま天気が保つよう祈りながら床について、朝起きたらしっかり雨が降った跡が…
寝てる間に雨が降った模様(T△T)

どのぐらい降ったか定かでないが、ダメ元で畑へ出動。

土のチェックをしたら水は浮いてこなかったのでとりあえず“こまめ”を掛けてみた。

F110831_02

多少湿り気は多いもののなんとかロータリーが掛けられる状態。

“中”の“下”って感じで人にはあまり勧められないけどね(^^;)

深さとスピードの調節でなんとか乗り切る(笑)

でもひと昔に比べれば水はけが良くなったし、土の粘りとダマは少なくなったような気がするので、やっぱり土が良くなってきてるのかな。

F110831_03

あまり踏み荒らさないように注意しつつ、いつものようにレイアウトしてから畝立てとマルチ張り。

乾いた土であればなんてことない畝立ても、大根が二股にならないよう土の塊を手でほぐしつつ作業するのでいつもの倍くらい手間と時間がかかってしまった。

F110831_05

マルチ張りの方には刈り取ってあったトウモロコシの残菜をスキ込む。

雨と適度の日差しと湿気で中の方は湯気が出るほどうまい具合発酵していて、いい具合な堆肥なりつつあった。

F110831_04

最後に大根の種蒔きを済ませ、昼過ぎまでかかってなんとか今日の予定の作業は終了。

大事をとって苗モノは台風が去ってから植える事にした。

で、撤収と同時に雨が降ってきた(^^;)

いやぁ~なんとか終わった良かった、これでひと安心。

畑の神様ありがとう(_人_)

| | コメント (0)

2011.07.13

害獣防御準備と夏野菜続々

110713_01

□本日の作業
 ・畝間の雑草刈り
 ・トウモロコシの害獣防護柵の支柱建て
 ・ミニトマトの剪定、誘引
 ・キュウリ、ナス、レタスの収穫

今日も暑い一日になりました。
作物は相変わらず勢いを増してますが、雑草は初期処理と定期的な雑草刈の効果が出てあまり出て無く、今日は作業すごく楽!!

F110713_01F110713_02

ジャガイモは“スタールビー”の方はまだ花が付いているが、“北あかり”の方はだいぶ株がくたびれてきていて、そろそろ収穫時期ってサインを出しだした感じ。
様子を見て試し掘りをしてみよう。

F110713_03F110713_04

トウモロコシも一期分が花をつけ始めてきたので、そろそろ鹿やハクビちゃんの侵入を防護する為の柵の準備をしておく。
去年のような残念で悔しい思いはしたくないのでね(^^;)
まあまだネット張りには早いし、邪魔にもなるので今日のところは支柱だけ建てておいた。
今回は木杭を先に打ってそれにイボ竹を結わえてみたので大風が吹いても倒れないだろう。

F110713_05F110713_06

その他また伸びて来たトマトの剪定と誘引作業をしてくる。
前回かなりやっておいたので、かなり素直に伸びていたしそれほど脇目欠きもしなくて済んだ。
ただ、ひと株副線にしておいた茎を誤って折ってしまったのは失敗…(>_<;)
まあ主線じゃなくてよかったけど。

F110713_07

まだまだ青いばかりだけど実もしっかりついてきた。
これからが楽しみ。

F110713_08

それと以前収穫して根は残しておいたリーフレタスが再び葉を出してきた。
これはまた食べられな。


F110713_10

夕方少し涼しくなってから、キュウリとレタスとナスを収穫してくる。
ちなみに一緒に写したビクトリノックスのマルチツールが9cm。
一番大きいので35cmなった。下の方に生っていたモノこそ曲がっちゃっているけど、かなり真直ぐな良いモノが出来たと思う。
デカくなる過ぎちゃったモノもあるけど、それはデカキュウリ愛好家の元に届けておいた(笑)

さあ、今年もキュウリ祭りが始まった(笑)

F110713_09

| | コメント (0)

2011.07.06

畑のお手入れ−剪定作業

F110706_01

□本日の作業
 ・畝間の雑草刈り
 ・トウモロコシの脇目欠き
 ・ミニトマトの剪定、誘引
 ・キュウリ、モロッコいんげんの誘引

F110706_02

今日も梅雨が明けたかのようないい天気で、風も爽やかで絶好の野良作業日和。
そして適度なお湿りとお日様の力で作物もグングン育って、ご覧のとおりジャガイモも花が満開、葉の茂みも勢いがあっていい感じ。
 
 
F110706_03

F110706_04_2F110706_05

トウモロコシもいい感じで成育中で、1期目はだいぶ背が高くなってきた。
前回欠かなかった脇目がだいぶ育ってきてしまっていたので、全部欠いておく。
(モノの本のよっては脇目はそのままにしておく方がいいとあるらしいが、我が家は主軸に少しでも養分がいくように欠いている。)

なんか今年は畝間の雑草刈りといい、いいタイミングで手入れが進んでいる感じ。
葉や茎の色艶もよくて今年も期待できそう。害獣さえ来なければ(^^;)
花が咲いてきたら獣除けのネットを張ろうかな。
 
 
F110706_07

F110706_08F110706_09

次に来る度に大きくなるアイコの手入れ。
ジャングル化して収集がつかなくなる前に、脇芽や無駄葉を剪定し、上手く伸びるよう誘引しておく。
脇芽もちょっと大きくなると、切るのにちょっと躊躇するけど思い切って潔く剪定していく。
今回もこれだけ切りました(笑)

F110706_06F110706_10_2

左が手入れ前、右が手入れ後。だいぶスッキリした。
あとは上手く伸びるよう誘引もしておく。

F110706_12

玉レタスがそろそろ結球して採り頃になってきて、ひとまず一番大きいのを採ってくる。

キュウリはもうちょっとだったけど、地面について育ちに影響のありそうなのを採っておく。
そのまま放っておこうとも思ったが、食べたらどうなんだろうってことで持って帰ってきた。

そろそろ梅雨明けも近いかな。夏野菜本番だ。

F110706_11

(※手入れ作業はあくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年そこそこの結果が出ているので良しとしています、あしからず)

| | コメント (0)

2011.05.18

苗植え&種蒔き

F110518_01

□本日の作業
 ・苗の買付け(富士見のミヨシにて)
 ・各苗の植付け
 ・とうもろこしの種蒔き(一期分)
 ・ロマノいんげんの棚作り、種蒔き
 ・ミニチンゲン菜と水菜の種蒔き

未だカッコーの鳴き声も確認出来ず風もなんか冷たいし、昨日の雨で土の状態がイマイチで不安要素が無い訳ではなかったが、ここで動かないと苗が無くなってしまう恐れもあるので、ひとまず苗の買出しにいつもの富士見駅前の“ミヨシ”さんへ行ってくる。

F110518_02F110518_03F110518_04

F110518_05

今年は欲しい品種は全部在庫があったけど、アイコの接木はもうすでに売り切れ。
でも昨年も実苗だったから問題ないでしょ。で、今年はまた一本増やす事にして計4本お買い上げ。
あとはモロッコいんげん、水菜、そしてミニちんげん菜の種を購入してくる。

帰りに畑をチェックしてくると案の定、ちょっと湿り気が多い…
しかし今後天気や土の状態がどうなるか解らないし、そろそろ種蒔きはタイムリミットだしダメならダメでいいやと午後から苗植え&種蒔きを敢行。

F110518_06

3時間空けただけではあったが、若干土の状態も良好になってきたし一気に片付ける。
まずはモロッコいんげんの区画をこまめでロータリーかけてカクハン+乾燥させる。

F110518_07F110518_08

まずはいちばん奥の“ぼっちゃんかぼちゃ”からスタート。
ツルの這うのを考慮して位置決めをし苗を植える。

F110518_09F110518_10

植えたばかりの苗が風で揺らされて、茎や根が痛まないように添え木をする。
ちょっともったいないが、我が家は使わない割り箸を使う。これ結構便利。
“ぼっちゃん”終了。

F110518_11F110518_12

続いてナス。今年も千両2号にした。
苗を仮置きして位置を決めてから植えていく。
同じく添え木を施して完了。

F110518_13F110518_14

続いてミニトマトのアイコ。今年はふた畝にして2本づつ植える事にした。
棚の長さをあらかじめ決めて、均等になるようにレイアウトして植える。
このぐらい余裕があればあとでジャングルにならないと思う。
あと周りにコンパニオンプランツを兼ねてバジルを植えておく。

F110518_15F110518_16

次にキュウリ。畝の真ん中でなく端に苗を植えているのは意味があるのだ。
棚が出来るとわかります(笑)

F110518_17_2F110518_18

ちょっと出遅れたけどトウモロコシの一期分の種蒔き。
日当りを考えて今回は向かって左から。

F110518_19F110518_20

次はレタスなど葉モノの植付け。
いつものリーフレタスに今回はわさび菜を加えてみた。

F110518_21F110518_22_2

続いてキュウリとトマトの間の前方に“ミニチンゲン菜”の種を撒く。
今年は味美菜が無かったので、こちらを選んでみた。
いつものようにひと穴三粒づつ。

F110518_23F110518_24

続いてその奥に水菜の種蒔き。
今年の種はコーティングされたちょっと大きめの種で撒き易い。
同じくひと穴3粒づつ撒く。

F110518_27F110518_28

最後に“モロッコいんげん”の棚作りと種蒔き。
まずは畝立てして、約60cm間隔で支柱を配置。
両サイドを立てて、横桟を乗せ、間の支柱を立てていく。
毎年棚の上の方がジャングル状態になるので、今年は少し長い支柱を用意し棚を高くした。

F110518_29F110518_30
F110518_31F110518_32

立ち上がった支柱の根元にひと粒づつ種を撒いていく。
いつもはふた粒づつ撒いていたが、あまりにジャングルがひどいので今年はひと粒撒いて、出なかった追い蒔きするようにした。

F110518_26

とりあえずこれで全作業終了。なんとか5時までには終われた(^_^;)
カッコーがまだなのと、なんとなく風が冷たいのが気になるがなんとかなるでしょ。
あとは天に任せましょう。

F110518_25_2

(※ここまでの作業はあくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年そこそこの結果が出ているので良しとしています、あしからず)

| | コメント (0)