« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.18

冬支度

F121118_01

□本日の作業
 ・大根・白菜の収穫
 ・大根用室(むろ)作りと収納
 ・白菜の紐結び

そろそろ冷え込んできたので、大根・白菜の収穫と冬支度をしてくる。
しかし昨日あれだけ雨が降ったので今日は作業無理かなぁ〜と思っていたけど、無事やる事やれて良かった。

F121118_02_2
F121118_03

大根はまだ葉も青々としていたけど、今回を逃すとちょっと先まで畑作業が出来ないし、タイミングを逃して台無しになるのは嫌なので全部収穫してしまう。

F121118_04

あれだけ植えて、まともなのはこれだけってのは悲しいがまあ今年は仕方ない。
でもいろいろまた解ってきたこともあるので、来年はちょっと作り方を工夫してみよう。
やっぱり自由奔放より競らせた方が真直ぐ育つようだ(笑)

F121118_05

で、すぐ食べるもの意外はいつものように室(むろ)を作って地中にストック。
今回は大きな発砲スチロール箱が手に入らなかったので、同じモノを連結して設置。
元々のフタも上手く使って最大限の大きさにしてみた。

F121118_06_2

出来上がって室にこんな感じで大根を入れて保存。

F121118_07

あとはフタをして、周りにこんな感じで土を盛って完成。
我ながら今年はいい感じに出来た♪
これで今年の大根の作業ははひと段落。
 
 
 
F121118_08
F121118_09

白菜は昨日の雨のせいで思っていた通り外っ葉がめくれて危うい状態に(^^;)
でもまあ芯部は全然問題ないので安心。

F121118_10

とりあえず直近で食べる分とお裾分けの分を収穫。
ちょうど上手い具合にLサイズ、Mサイズ、Sサイズになった(笑)

F121118_11

そしてあとは霜降り白菜用に紐巻きして温存。
これで冬支度も終わってひと安心。
あとは食べるだけ〜♪

| | コメント (0)

2012.11.11

大根・白菜の収穫

F121111_01

□本日の作業
 ・大根・白菜の収穫

今日は午後から雨が降る予報だったので、その前に送付用の大根と白菜の収穫をしてくる。

F121111_02
F121111_03F121111_04

ここのところだいぶ気温も下がってきていたが、まだ葉っぱは青々として寒さで萎縮することもなく、もうちょっとこのままにしておいても大丈夫そう。

さっそく良さそうのモノを見繕って抜いてみる。

F121111_05
F121111_06

今回は8本抜いてみたのだが、俗に言う規格品は今年は30cm強のモノが3本のみ (ノ_-。)

F121111_08

あとはちょっとセクシーな“D-Girls”(笑)

いずれにしても今年の大根はちょっと小さめで出来はイマイチって感じだなぁ…

F121111_09
F121111_10

白菜の方は相変わらず絶好調で、気温が下がったことでさらに巻きが密になった感じ。
本当はもうちょっと霜に当たらせた方が甘みが増すのだが、送る分は仕方ないここで収穫。

F121111_12
F121111_11

自宅用も含め良さそうなヤツを4個ほど収穫。
かなり目方もあって葉もしっかりしていて上出来である。

とにかく今年はハズレが一個ないのが驚きだし嬉しい。
だいたい例年結球しないヤツが4、5個あるんだけどね。
逆にこれだけあると食べきれるか心配(^^;)

| | コメント (0)

2012.11.04

アイコ終了 大根白菜の試し採り

121104_04

□本日の作業
 ・ミニトマトの撤収
 ・大根・白菜の試し採り

昨日は初霜・初氷になった南麓。
そろそろ秋野菜も収穫時期を迎え、今日は大根・白菜の試し採りをしてくる。

F121104_01

F121104_02F121104_03

F121104_04

大根はまだ霜の影響はなかったようで、葉は青々としていた。

ただ肝心の身の方は残念な結果に。
良さそうなものを選んで抜いてみたが…やっぱり今年は小さいね(_ _;)

F121104_05
F121104_06
F121104_07

しかし打って変わって白菜デカっ!
市場だとこれだとLサイズかな?

しかしまったくの無農薬でここまで虫に食われてないってのは、今までで初めて。
今年は優秀です。
ただもっと霜に当てたいけど、それまで保ってくれるか心配。

F121104_08
F121104_09

それからあれだけタフだったアイコ。
昨日の霜にはやはり勝てなかったようで、すっかり萎れてしまっていた。
あまりに見るに耐えなかったので、本日をもって長いお勤めにピリオドを打ってきた。

片付けしていて今年は例年以上に名残惜しかったな。
しかしまあよく保った。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »