« 2011年11月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.27

トウモロコシ2期分種蒔き

F120527_02

□本日の作業
 ・トウモロコシ2期分種蒔き

天気も良いので予定通りトウモロコシの2期分の種蒔きをする。

これで夏野菜の植付け作業はすべて完了。

F120527_01

2週間前に撒いた1期分の種も無事発芽して、かなりいい感じで成長中。

発芽率は98%といったところかな。

やっぱりこのくらいの時期に蒔く方がいい感じかもしれない。

あとの苗は順調に成育中。玉レタスも新葉が出てきたし。

ただジャガイモの発芽がチラホラってことと、ナスが一本元気が無いのがちょっと心配。

F120527_03

| | コメント (0)

2012.05.20

夏野菜苗植え完了

F120520_01

□本日の作業
 ・各苗の植付け
 ・ロマノいんげんの棚作り、種蒔き

里も昨日から一斉にお田植えが始まり、今日も曇ってはいるものの陽気もよく、予定通り苗の植付けをする。

F120520_04F120520_05

F120520_06

各種リーフレタスをはじめ、今回はちょっとレタス畑を充実。

カモミールや要所々々にスイートバジルを植えてコンパニンオンプランツもばっちり。

モロッコいんげんの棚を作り、種蒔きもして本日の作業は完了。

苗を植えている最中、カッコーの鳴き声も聞こえタイミング的にバッチリだったかも。

F120520_03

F120520_02

| | コメント (0)

2012.05.16

苗入手

天気も良いしいいドライブ日和だったので、いつも通り富士見駅前の“ミヨシ”さんへ苗の買付けに行ってくる。

平日ってことで苗の在庫もあり、ゆっくり品定めして買えた。

F120516_01
F120516_02

去年は売り切れで接木モノが無く、実生(みしょう)苗を植えたアイコだが、特に問題無かったし店のお兄ちゃんとも話しをしてみたが、ミニトマトは元々強いので接木モノを植える必要もないってことだったので、今年も実生苗にしてみた。

F120516_03
F120516_04

これも毎度おなじみのキュウリ“夏すずみ”だが、今年はさらに耐病性を加えた“VR夏すずみ”にしてみた。
値段も一緒だったしね(笑)

F120516_05
F120516_06

これも定番の“千両二号”。
やはり苗を買いに来ていた地元のばあちゃんが、『接木より実生の方が苗が良いから、実生にしたほうがいいよ』ってアドバイスをくれたので、実生版を買ってみた。
先輩の意見は大事にしないとね(笑)

F120516_07

カボチャの坊ちゃん。丁度2つだけ残っていたのでラッキーだった。

F120516_08
F120516_09

あとは“サウザー”っていう玉レタスの苗を買ってみる。

ひとまずお目当ての苗は全てゲット出来た。
あとは今週末植え付ければ夏野菜の準備は完了だ。

| | コメント (0)

2012.05.13

2012シーズンスタート

120513_04

□本日の作業
 ・有機石灰撒き
 ・作付け下準備
 ・畝立て、マルチ張り
 ・じゃがいもの植付け
 ・トウモロコシ一期分種蒔き

今年はいつまでも寒かったり、諸々諸事情があってようやく畑の準備開始。
昨日はまた風が非常に冷たく冬のような天気だったけど、日頃の行いがいいのか(笑)今日は穏やかで過ごし易いような陽気の絶好の農作業日和。

120513_02

F120513_01

八ヶ岳や富士山、南アルプスがばっちり見える中、早めに畑入りしてまずは初期化。
例年だと有機石灰と併せて腐葉土も散布するんだが、ちょっと生産地が心配だったので今年は腐葉土の散布は見合わせた。

こまめでひと通りローターリーしたあと、畝立て、マルチ張りを一気に片付ける。
肥料は例年通り“梨北野菜有機配合”と“木酢発酵鶏ふん”のブレンド。

F120513_04

午後はちょっと予定があったので昼までにはなんとか完了できたけど、8時半から始めて約4時間作業はかなりキツい(^^;) 歳と共に年々シンドくなる(苦笑)

F120513_02

完成した今期のレイアウト(クリックすると作柄が表示されます)
今年はお隣さんのじゃがいもの作付け関係との絡みから、ミニトマトのアイコは“りらん”区画の前面中央部に配置。
お隣さんとの境にバジルやレタスなどを植えて距離をとるように図ってみることにした。

F120513_05

一端作業を終え、午後の用事を済ませ、夕方から再び畑に出てじゃがいもの植付けと一期分のとうもろこしの種蒔きをして本日の作業は終了。

これでひとまずひと段落。

あとは来週苗の買付けと植付けをすればOKかな。
まだカッコーの鳴き声聞いてないしね。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年6月 »