« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.30

雨上がる

F110529_01_2

やっと雨が上がった。それにしてもよく降ったなぁ。

ちょっと様子を見に畑に行ってみるとご覧の通り。

水没は毎度のこと、でも予想外に酷くはない感じ。

とりあえず苗は水没してないし(しないように植えているんだけどね)、モロッコいんげんも発芽しているし、ジャガイモも大きくなってきている。

ただこの状態じゃ畑に当分入れないので、ニジュウヤホシの増殖が心配。
奴らにとっては絶好のチャンスだろうからね(_ _;)

| | コメント (0)

2011.05.26

二期分もろこし種蒔き完了

F110526_01

□本日の作業
 ・第二期分のトウモロコシの種蒔き
 ・玉レタスの植付け

今夜からしばらく雨降りが続くようなので、仕事の合間を縫って急遽残りのトウモロコシの種蒔きとをしてくる。
本当は週末にやるつもりだったがこの様子じゃ出来そうもないし、この時期を逃すとちょっと遅すぎるしね。

F110526_02F110526_03

前回撒いた分は順調に発芽していて、発芽率は98%ってところかな。
芽が出てない分は追い蒔きしておいた。

F110526_06

ついでに野辺山のプロの農家さんからいただいた玉レタスの苗も植えておいた。

これで今期の種蒔きも苗植えもすべて終わってひと安心。

F110526_04F110526_05

じゃがいもも北あかりがようやく芽をだしてきて、とりあえず順調に成育中。
ニジュウヤホシもチラッと見受けられたので、速攻で駆除しておいた。
あとは畝がだいぶ崩れてきてるので天気が良くなってから、草刈りついでに土寄せをするようだな。

まあ何はともあれ、これで安心して梅雨が迎えられる。

F110526_07


| | コメント (0)

2011.05.24

遅雪、遅冷え

F110524_01

今朝はなんと雲間から覗く八ヶ岳が雪で白くなっていた。

気温も5℃くらいでストーブ付けなきゃいられないくらい寒くって、おいおい今何月だよって思うほど。

F110524_02

霜注意報とかは出てなかったけど、これはヤバいと昼にちょっと畑の様子を見に行ったが特に問題なかった。

まあ麓は雨だったしね。(でも小淵沢は今朝みぞれだったようだけど^^;)

昼過ぎから天候も急速に回復し、気温もグングンあがって汗ばむほどの陽気に。

なんか短時間で冬から初夏になったようで身体がおかしくなりそうだけど、野菜もやっぱりそうなのだろうか?(^^;)

今朝の雪でちょっと白みがました山々がとても綺麗だった。

F110524_03

| | コメント (0)

2011.05.22

害虫初め、要注意!

F110522_01


F110522_02

特に作業をする予定は無かったが、ちょっと様子を見に畑へ。

ジャガイモがようやく芽を出してきたので、よしよしと思って見ていると…
 
 
F110522_03_2

なんとあの憎っき害虫“ニジュウヤホシ”を確認!!
これはエラい事だと急遽野良仕事の準備して即刻駆除開始!
とにかく先手必勝、出始めが肝心で産卵させないことが重要!!だから、その場にいた皆さんにも呼びかけて、みんなで撃滅作戦開始。

来てない畑の方のところもチェックをすると、ペアリングは元よりすでに産卵も確認!!

いやぁ〜来てみて良かった。

一応2号と3号畑は全部チェックして今日のところは絶滅させたけど、当分の間は要注意!!ですよ。

| | コメント (0)

2011.05.19

カッコー鳴いた!

110519_02

先ほどカッコーが鳴くのを確認した。

今日は朝から暖かく、日中は初夏のような陽気だったしこれでもう安心して良さそうだなぁ。

「九十九夜の泣き霜」なんてことももう無い…だろう。

| | コメント (0)

2011.05.18

苗植え&種蒔き

F110518_01

□本日の作業
 ・苗の買付け(富士見のミヨシにて)
 ・各苗の植付け
 ・とうもろこしの種蒔き(一期分)
 ・ロマノいんげんの棚作り、種蒔き
 ・ミニチンゲン菜と水菜の種蒔き

未だカッコーの鳴き声も確認出来ず風もなんか冷たいし、昨日の雨で土の状態がイマイチで不安要素が無い訳ではなかったが、ここで動かないと苗が無くなってしまう恐れもあるので、ひとまず苗の買出しにいつもの富士見駅前の“ミヨシ”さんへ行ってくる。

F110518_02F110518_03F110518_04

F110518_05

今年は欲しい品種は全部在庫があったけど、アイコの接木はもうすでに売り切れ。
でも昨年も実苗だったから問題ないでしょ。で、今年はまた一本増やす事にして計4本お買い上げ。
あとはモロッコいんげん、水菜、そしてミニちんげん菜の種を購入してくる。

帰りに畑をチェックしてくると案の定、ちょっと湿り気が多い…
しかし今後天気や土の状態がどうなるか解らないし、そろそろ種蒔きはタイムリミットだしダメならダメでいいやと午後から苗植え&種蒔きを敢行。

F110518_06

3時間空けただけではあったが、若干土の状態も良好になってきたし一気に片付ける。
まずはモロッコいんげんの区画をこまめでロータリーかけてカクハン+乾燥させる。

F110518_07F110518_08

まずはいちばん奥の“ぼっちゃんかぼちゃ”からスタート。
ツルの這うのを考慮して位置決めをし苗を植える。

F110518_09F110518_10

植えたばかりの苗が風で揺らされて、茎や根が痛まないように添え木をする。
ちょっともったいないが、我が家は使わない割り箸を使う。これ結構便利。
“ぼっちゃん”終了。

F110518_11F110518_12

続いてナス。今年も千両2号にした。
苗を仮置きして位置を決めてから植えていく。
同じく添え木を施して完了。

F110518_13F110518_14

続いてミニトマトのアイコ。今年はふた畝にして2本づつ植える事にした。
棚の長さをあらかじめ決めて、均等になるようにレイアウトして植える。
このぐらい余裕があればあとでジャングルにならないと思う。
あと周りにコンパニオンプランツを兼ねてバジルを植えておく。

F110518_15F110518_16

次にキュウリ。畝の真ん中でなく端に苗を植えているのは意味があるのだ。
棚が出来るとわかります(笑)

F110518_17_2F110518_18

ちょっと出遅れたけどトウモロコシの一期分の種蒔き。
日当りを考えて今回は向かって左から。

F110518_19F110518_20

次はレタスなど葉モノの植付け。
いつものリーフレタスに今回はわさび菜を加えてみた。

F110518_21F110518_22_2

続いてキュウリとトマトの間の前方に“ミニチンゲン菜”の種を撒く。
今年は味美菜が無かったので、こちらを選んでみた。
いつものようにひと穴三粒づつ。

F110518_23F110518_24

続いてその奥に水菜の種蒔き。
今年の種はコーティングされたちょっと大きめの種で撒き易い。
同じくひと穴3粒づつ撒く。

F110518_27F110518_28

最後に“モロッコいんげん”の棚作りと種蒔き。
まずは畝立てして、約60cm間隔で支柱を配置。
両サイドを立てて、横桟を乗せ、間の支柱を立てていく。
毎年棚の上の方がジャングル状態になるので、今年は少し長い支柱を用意し棚を高くした。

F110518_29F110518_30
F110518_31F110518_32

立ち上がった支柱の根元にひと粒づつ種を撒いていく。
いつもはふた粒づつ撒いていたが、あまりにジャングルがひどいので今年はひと粒撒いて、出なかった追い蒔きするようにした。

F110518_26

とりあえずこれで全作業終了。なんとか5時までには終われた(^_^;)
カッコーがまだなのと、なんとなく風が冷たいのが気になるがなんとかなるでしょ。
あとは天に任せましょう。

F110518_25_2

(※ここまでの作業はあくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年そこそこの結果が出ているので良しとしています、あしからず)

| | コメント (0)

2011.05.14

待機中

110514_01

今朝はカラッと爽やかないい天気。

今週末は過ごし易くいい天気がつづきそうだし、お田植えも始まったようだけど、カッコーがまだ鳴かないから我が家の苗植えはまだまだ。

ここはグッと我慢我慢。

| | コメント (0)

2011.05.06

じゃがいも植付け、作付け下準備完了

F110506_01

□本日の作業
 ・腐葉土、有機石灰撒き
 ・作付け下準備
 ・畝立て、マルチ張り
 ・じゃがいもの植付け

やっと時間がとれたので、畑の下準備とじゃがいもの植付けをしてくる。
暑くなく、寒くなく日差しもキツくなかったので、非常に作業がし易い野良日和。

F110506_02

今年も安売りの時に仕入れておいた腐葉土16袋と“コメリ”の“有機石灰Ca”2袋を用意して、作付け前の土の下準備に取りかかる。

F110506_04

念の為作業にかかる前に、秘密兵器iPadで自分のBlogを見て昨年の作業手順を確認。
もう何年もやっているので頭に入っているはずなのだが、細かい順序とか数字をうっかり忘れたりするので、今までは家で見直してからメモしてきたりしていたけど、これは便利。
畑でインターネット、スゴい時代になってきましたよ(笑)

F110506_03

まずはまっさらな状態の区画に撒く分量が解り易いよう八等分に目安の線を引く。
こうしておくとムラなく均一に撒きやすくなります。

F110506_05

F110506_06

次に土壌改良も含め“コメリ”の「有機石灰Ca」を各区画に1袋づつ、ムラなく撒く。
区画半分に半袋撒いていくとわかりやすい。

F110506_07

全面に撒き終わったら、次に8分割したブロックに2袋づつ撒けるように腐葉土を分配しておく。

F110506_08

F110506_09

で、各ブロックにまんべんなく腐葉土を撒いていく。
こうするとムラもなく無駄がなく撒け……ちょっとムラがあるかな(^^;) 

F110506_10

“有機石灰Ca”と腐葉土が撒けたら、それらと土がよく馴染むよう“こまめ”で全面ロータリーする。

F110506_11

歩くと気持ちがいいくらい、ふわっふわの土に変わるように土によく空気も含ませる。

F110506_12

下準備が済んだら、地縄を張ってレイアウトを決め畝を作って行く。
今年は“りらん”区画にじゃがいもともろこしを作付けするのでまずはそちらの作業から。

F110506_13

今年も肥料は例年通り“梨北野菜有機配合””とコメリで売っている“木酢発酵鶏ふん”のブレンドを使用。

F110506_14

まずは畝の真ん中に軽く筋付けをして、ブレンドした肥料を適量にムラなく撒く。

F110506_15

そして片側から土を寄せて畝立てする。

F110506_16

高く狭い畝ではなく、あくまでも畝間を深く、畝は幅広くすることが重要。
(水はけのあまり良くない3号畑においては)

F110506_17

4列畝立てして完了。
今年はじゃがいもをちょっと少なめに植えることにしたので、畝もちょっと短め。

F110506_18

今年はいつもの“北あかり”に加えて“スタールビー”って新興品種を植えてみることに。
“スタールビー”は去年までの“アンデス”に似た品種らしい。

F110506_19

F110506_21

ひと畝に40cm間隔で種芋を植えていく。
種芋があまり大きくなかったので、今回は丸ごと植えた。

F110506_22

丸ごとの場合でもシリカ(石灰)はまぶした方がいいとのこと。
今日はスタートが遅くなったので、じゃがいもを植えたところで午前中の部は終了。

F110506_23

午後からまずはトウモロコシ用のマルチ張り。
まだ寒そうなので、とりあえず今日はマルチ張りのみ。

F110506_24

マルチはいつもの日光で分解し易くなる“サンプラック”を使用。
これだと穴が開け易いしね。

F110506_25

それから残りの“らいなす”区画のレイアウトを決め、マルチ張りをしておく。

F110506_26

▲クリックすると作付けレイアウトが表示されます。

まあ毎年代り映えのしないレイアウトではあるけどね(^^;)
またいつ畑にこれるかちょっと予定が付かないので、大変だったけどここまで準備しておけば、あとは種を撒いたり苗を買ってきて植えるだけなのでひと安心。

今年もなんだか寒そうだから、種蒔&苗の植付けは20日前後だろうなぁ。


(※ここまでの作業はあくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年そこそこの結果が出ているので良しとしています、あしからず)

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »