« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.10

続・大根収穫

F101110_01

朝イチで実家に持っていく大根を収穫してくる。

抜いてビックリ、あまりの小ささに愕然。形もイマイチだし…

いやぁ〜今年は思った以上に不出来だわ…(_ _;)

残りは見るからに小さいモノばかり、今年は年越し大根は味わえないかも(_ _;)

F101110_02

雪雲の下の今朝の八ヶ岳はだいぶ白さが増してきた感じ。
もう冬はすぐそこだ。

| | コメント (0)

2010.11.07

大根収穫

F101107_01

□本日の作業
 ・大根収穫
 ・大根保存用ムロ作り

F101107_02F101107_03

休みで天気も良く、東京から友人一家が手伝いに来たこともあるし、予定通り大根の収穫をしてくる。
いつもは送っているので、収穫をするのは初体験ということで大騒ぎしながら、でもとても楽しんでいたようだ。
初めて見る大根の種にも興味津々で、この小さな種からこんな大根が育つことにビックリ。
普通にスーパーとかで買っているだけでは、大根の種なんて見る機会なんでないものね。
自分たちが食べるものがどういう風に育つのか知ることはいいことだと思う。

F101107_04F101107_05

そして採った大根を品評して並べてみてもらう。
葉っぱはいつもながらだけど、やっぱり実は例年よりは1/3くらい短いし、太さもひと回り小さいのは否めないね。
それでも形のいい素直に育ったモノが結構出来た。

F101107_06

彼等たちは4番目に選んだけど、写真の真ん中のヤツが太さと長さで今回はいちばん出来がいい感じ。

F101107_07F101107_08

それぞれ持って帰るモノ、送るモノと仕分けしたあと、ムロを作って土の中に埋めて保存。
天然の冷蔵庫作りにチビたちは興味津々、一生懸命穴を掘っていた。

F101107_09F101107_10

ちょっと蓋にする発砲スチロールの箱が小さかったけど、大根も小振りなので今年はこれで大丈夫そう。ひとまずこんな感じで保存完了。
そろそろ朝の冷え込みが厳しくなり、霜も降りる日も出てきたこともあるし、全収穫しようと思ったけが、水曜日に東京に帰るので実家に持っていく分は当日抜くことにして、そのまま畑に植えておくとにした。まあそれまでは霜の害も大丈夫だろう。

F101107_11F101107_12

白菜は芯がまだ詰まってない感じで、まだまだこれからって感じかな。
でもかなり大きくなってきた。

F101107_13F101107_14

ご近所さんのところのように何者かに根をすっぽり食べらて、残念なことにならずにこのまま育ってくれるよう祈ろう。
それにしてもこんな悪さをするヤツはモグラか? 折角育てたのにこれじゃ泣くに泣けないね。

| | コメント (0)

2010.11.03

収穫間近

101102_02

11月になった。早いもので今年も残すところあと二ヶ月。

月が変ってすぐ、富士山の頂上が冠雪したり、昨日は八ヶ岳や南アルプスが初冠雪して薄ら雪化粧。

今日はさらに白い分が下へ降りてきたようだ。

作業はしなかったものの、畑に様子を見に行ってきた。

F101103_01F101103_02

大根はさらにちょっと大きくなったようだが、そろそろ収穫ってことを考えるとやはり今年はちょっと小振りになりそうだなぁ。
まあ今年の天候を考えれば、ここまで育ってくれたことに感謝だな。
一応今度の日曜日に収穫予定。

F101103_03F101103_04

白菜は順調そのもの。
さらに株が大きくなり、このままいけば今年も大きなモノが期待出きそう。
あとは寒くなってぎゅっと丸くなり、甘みと柔らかさが出てくるのを待つのみ。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »