« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.29

緊急事態発生!

先日、せっかくきれいに準備しおえた畑が

何者かに荒らされた!!

F090829_01
F090829_02F090829_03
たぶん鹿だと思うけど、もうがっくり…(_ _;)
農園の画像がアップされたのが27日、その時すでにこの状態だから
作業したその夜にやられたってことだ…、まったく忌々しい鹿め!

F090829_04F090829_05
今日は遅い夏休みで朝から出かける予定だったが、仕方なく急遽
朝から畑に行って畝の修正とマルチの張り替え作業をしてくる。
台風も近づいてきそうだし、植付け前にマルチ内の土が水浸しなると
困るので、被害の少なかった1本を残しあとは張り替えてくる。

F090829_06F090829_07
あとは、踏み荒らされた部分に大根の種を蒔き直し、周りに侵入防止用の
ロープを張って再度被害に遭わないよう防護策をしてくる。
まあ、気休めにしかならないかもしれないけどね…(^_^;)

F090829_08
せっかく先日蒔いた大根の種が芽を出したっていうのに、とんだ災難だ!

| | コメント (0)

2009.08.25

大根種蒔き−秋野菜植付け開始

天気も良いし、土も十分休ませたし

さあいよいよ秋野菜の植付け開始!

F090825_01F090825_02
まずは“こまめ”で軽くロータリー。この土のフカフカ、サラサラ感がたまらない(笑)
こういう時、やっぱり下準備等土作りに手をかける方が良いって実感する。

F090825_03
ロータリーが済んだら、地縄を張って畝のレイアウトをする。
我が家は見た目重視なので、この辺はしっかりと(笑)

F090825_04
で、今回の肥料はこちら。前回“コメリ”の「ぼかしっこ」はイマイチって結果に
なったので再び、“JA梨北”の「梨北野菜有機配合」に復帰してもらうことにした。
あとはいつもの「木酢発酵鶏ふん」をブレンドするだけ。

F090825_05F090825_06
ただ、「ぼかしっこ」も残っていてもったいないので、試しに大根ひと畝だけに使ってみる。
はたして、大根での出来具合に差が出るか、否か。

F090825_07F090825_08
その他については、「梨北野菜有機配合」と「木酢発酵鶏ふん」のブレンドにする。
双方の比率は…み〜農婦の企業秘密。(…ではなく実は適当だったりする・笑)

F090825_09F090825_10
肥料を撒いたら畝を仕上げていく。2号畑は元来水はけが悪いので、畝を高くというより
畝間を深くするっていう感じで畝を仕上げると水没せずにすんでいる。
尚、我が家では二股大根を出来るだけ作らないよう大根の畝にはトウモロコシの残菜を
鋤き込まないようにしている。当然石もきれいに取り除く。

F090825_11
ひとまず大根用の畝作り完了。続けて白菜用のマルチも張ってしまう。

F090825_12
まずは畝の真ん中を少し深く掘って、干しておいてトウモロコシの残菜を鋤き込む。
茎は細か切っておいたが、葉は面倒くさいので長いままで敷いてしまう。

F090825_13
鋤き込んだ残菜に一旦土を被せ、その上に肥料を撒き、さらに土を被せ
畝の天端を整えて、マルチを敷いていく。
マルチ押さえる土を十分確保しておくことが、マルチを上手く張るコツである。

F090825_14
これにて植付けの準備完了!

F090825_15F090825_16
続いていよいよ大根の種蒔き。メジャー(巻き尺)があると早くて通りも良いので便利。

F090825_17
こんな感じで40cm間隔で二粒づつ撒いていく。二つの種の間隔をこんな感じで
少し間隔を開けると、間引きするとき楽である。

F090825_18
これにて本日の作業は終了!
白菜については9月の第1週あたりを目処に植え付け予定。

(※あくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年いい結果が出ているので良しとしている)

F090825_19F090825_20
その他、ミニトマトのアイコはまだまだ青い実が沢山ついていて、熟した実も
コンスタントに採れている。もうちょっと楽しめそう。復活してくれてありがとう。

F090825_21F090825_22
例年ならもう終了しているキュウリも、ちょっと復活してまだ小さい実がついているし、
生育が危ぶまれていたナスも小さな実を続々と付け出した。秋ナス、イケるかも。

| | コメント (0)

2009.08.19

秋野菜用下準備

F090819_01
□本日の作業
 ・残り全部のトウモロコシの収穫、残材撤去
 ・秋野菜区画の初期化、下準備
 ・ナスの支柱立て、剪定
 ・雑草刈り

天気もいいことだし、そろそろ秋野菜の植付けに向け下準備をしてくる。
心配していたトウモロコシも、その後食害もなく、甘くて美味い実に育ってくれた。
ただ、やっぱり今年はちょっと小振りな感じ。
で、残り全部のトウモロコシを収穫し、残材を細かく切って処理し、腐葉土、石灰を撒いてこまめでロータリーして初期化しておく。
これで一週間休ませて、来週あたり秋野菜の蒔き付けを開始しようと思う。
ひとまず初期化の作業手順を(※あくまで我が家のやり方であって、良いか悪いか、正しいか正しくないかは別として、このやり方でここ数年いい結果が出ているので良しとしている)

F090819_02
まずは残ったトウモロコシの茎を細かく切って処理

F090819_03
切った残材をきれいに片付ける奥の方に寄せておく

F090819_04
毎回恒例の腐葉土と“コメリ”の「有機石灰Ca」を用意する

F090819_05
腐葉土を区画に均等に撒けるようあらかじめ配置しておく

F090819_06
腐葉土を均等に撒く。今回は8袋にした。
奥の白菜区画はトウモロコシの残材を鋤き込むので
バランスを考え腐葉土は撒かないようにしている。

F090819_07
次に「有機石灰Ca」を全体に均等に撒いていく。

F090819_08
こんな感じで大体10坪で1袋くらいを目安に撒いている。

F090819_09
あとは“こまめ”でロータリー作業。

F090819_10
縦方向、横方向それぞれ1回くらいかけるといい感じになってきた。
また畝つくりの時にロータリーするつもりなのでこのくらいで。

F090819_11
以上で初期化完了。あとは1週間くらい休ませて植え付けるだけ。
これで大根植付け区画はジャガイモを収穫してから3週間、白菜植付け
区画は今日から植付けまでの3週間休ませることが出来ることになる。
土も働かせ過ぎは良くないので(笑)

F090819_12F090819_13
あとはナスの手入れ。なんとなく元気がなかったが、今日みたら小さい小ナスが結構付いていた。

F090819_14F090819_15
実の重さで枝が折れないよう、支柱を増やして補助しておく。
ただいちばん手前の株が非常に元気がないのが心配。様子をみて追肥しておこうかな。

| | コメント (0)

2009.08.14

トウモロコシ収穫

F090814_01
□本日の作業
 ・トウモロコシの収穫、残材撤去
 ・ミニトマトの無駄葉、脇枝の剪定、収穫
 ・ロマノいんげん、坊ちゃんの収穫
 ・雑草刈り

立秋が過ぎてからようやく“夏!!”って感じの天気が続いてきた。
しかし畑には早くもコスモスが咲き、空にも秋を思わせるような雲が…もう残暑ですか(_ _;)

で、午前中仕事を休んで(サボったんではなく、ちゃんと休みを取って)トウモロコシの収穫をしてくる。
いつまでも放っておくとハクビちゃんに美味しいところ全部食べられてしまうからね(^^;)

F090814_02F090814_03
生育が遅く出来が心配されたが、収穫してみると思ったよりは結果は良かったかも。
ただ相変わらずハクビちゃんがやって来ているようで、土手沿いに食後の房が点々と残されていた。
よっぽど美味しいんだろうね。
てなことで、ハクビちゃんに食べられる前に全部採ってしまいたかったが、一気に消費も出来ないので3期分をいくらか残しておく。
う〜ん、ちょっと心配だなぁ(^^;)

F090814_04F090814_05
収穫した茎は肥料用に細かく切っておく。
まずは抜かずに立てたまま切っちゃうと結構楽なんだよね。根を抜きやすいところまでまで切ったあと、根を抜いて残材撤去完了。
あとはそのままにして少し乾燥させておく。

F090814_06
あとはアイコ、ロマノいんげん、坊ちゃんを収穫して、箱詰めにして実家やともだちの所へ送る。
これでひとまず夏の大イベントは終了。
アイコも新しい実がまた大量に付き始め、もうちょっと頑張ってくれそう。
逆に坊ちゃんはあまり葉勢が振るわず、実生りもイマイチ。もう終わっちゃったりして。
来週、残りのトウモロコシを全て収穫し、秋野菜の下準備をして、月内に大根の種蒔きが出来るといいけど。

| | コメント (0)

2009.08.12

グルメで律儀なハクビちゃん

F090812_01
夕飯の食材を採りに夕方ちょっと畑まで。

ここの所の夏日のおかげで、ようやくトマトもいい感じに赤く熟してきた感じ。
それとなかなか大きくならなかったトウモロコシもそろそろ…って最初に植えた分、全然実がないじゃん(^_^;)。
確か前回み〜農婦が採ってきたのが4本、今日採れたのが2本…ひと畝20本くらい植えてあるのに、他のはどうした?

F090812_04F090812_05
何やら茎が倒されている形跡はあるし、育ちが悪かったとか、実がならなかったってより何者かに採られたって感じ。
傍には見事に完食した房も落ちているし、これはどうも話題のハクビシンに食べられたなと。
今年はあちこちの畑でハクビシンの被害が出ているらしい。
で、このハクビシン、茎を折って実を食べているようだが、皆がいうようにひとつの房を残さずペロリと完食していくそうだ。

食べられちゃうこと自体はちょっと悔しいいが、あれこれちょっとづつ食い散らかすより、まるごと完食してくれるとなんだか諦めもつく。
それだけ美味かったんだとちょっと嬉しくもなるしね。子供と動物はウソつかないし(笑)
逆に上手に茎を折って美味しそうに食べている姿を想像すると微笑ましくも思ったり(笑)

律儀に外側のモノから食べてくれているようだが、でもミスミス ハクビちゃんの食堂として提供する訳にいかないので、近々収穫しないといかんな。

F090812_03F090812_02
△アイコはようやくお日様を浴びて赤く熟したって感じになってきた。
 キュウリもちょっと復活の兆しが…でももう終わりだろうけど(_ _;)

| | コメント (0)

2009.08.05

やっとじゃがいも掘り

F090805_01
□本日の作業
 ・雑草刈り
 ・じゃがいも掘り、収穫
 ・ミニトマトの無駄葉、脇枝の剪定、収穫
 ・ナスの収穫

月曜からやっと晴れ間が続き、これはいいぞと思っていたが、昨夜は滝のような豪雨…(_ _;)
今日も天気が危ぶまれていたが、予報に反していい天気になったので、一気にじゃがいも掘りをしてしまう。
ここを逃すとまたいつになるか解らないからね。
しかし一ヶ月振りの畑仕事が芋掘りでしかも一人でってのは、かなりキツかった(^_^;)

F090805_03
早速“北あかり”から収穫を開始してみたが…
いきなりモグラに食べられている芋が続出、しかも大きさも良い、美味しそうなモノばかり(_ _;)
しかもひと株、まったく芋がついていないモノまで(_ _;)
ふた畝全部掘ってみたがなんとも閑散とした結果。モグラの害は1/5くらいだがあとはやっぱり日照不足のせいかなぁ。
あとは、肥料か。やっぱり出来は“梨北の有機配合”の方が良いようだ。秋野菜はまた変更するか。
それとモグラ対策に鶏糞の配合も復活させなければ。

F090805_04F090805_05
△なんとも閑散とした結果…。 いちばんまともな芋が沢山付いていた株でもこんなもん。

F090805_06F090805_07
△それに反して“アンデス”はこの通りなかなかの出来。モグラの被害も皆無。
そういえば仲間も“北あかり”だけモグラに食べられたって言ってたなぁ。

F090805_08F090805_09
△“北あかり”と“アンデス”ので出来の差は一目瞭然。“北あかり”はデリケートなのだろうか?
それにしても忌々しいモグラめ(−−;)

F090805_10F090805_11
△トウモロコシも背丈はいっちょまえだが、実の方は今のところまだ未熟って感じ。
1期分でもまだもうちょっとってところかな。

F090805_12F090805_13
△2期分も3期分もまだまだ細い。

F090805_14F090805_15
△“アイコ”もやっと赤い実が多くなってきた。
しかし青いままの時期が長過ぎて実が大きくなり過ぎた感は否めない。果たして味は…

F090805_16
キュウリは一大事。実が全然成らなくなってしまった。
今週は先週の中頃から一本も収穫無し。
この時期こんな事は今まで無かったのだが…
花もまた咲き始め、小さいな実も着き出してはいるのだが、はたして復活するか、大凶作で終わるか…

F090805_17
まあなんにせよ、気がかりだったじゃがいもの収穫が終わったので、ひと安心。
予想はしていたとはいえ、“北あかり”の不作にはちょっとガッカリ。
キュウリ、“アイコ”は予想以上に不作だし、モロコシもナスもイマイチ。
良いのは毎年安定しているロマノいんげんだけか(^^;)

あとはこれ以上、雨と日照不足が続かないのを祈るのみ。じゃないと夏が終わってしまう。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »