« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.25

種蒔き完了

F090525_01□本日の作業
 ・第三期分のトウモロコシの種蒔き
 ・ミニトマトの支柱立て
 ・害虫ニジュウヤホシの見回り、駆除

最終分のトウモロコシの種蒔きを終わらせる。
去年の経験から今ぐらいがいちばん成長効率が良かったので、ここでの種蒔きを厚くしてみた。

第一期分は無事全て発芽確認。
これにて全ての夏野菜の種蒔き、植付けは完了。

F090525_02また、ミニトマトがだいぶ延びてきたので支柱を立てて、誘引作業を開始する。

その他、ロマノいんげんも発芽開始。

ニジュウヤホシのチェックも怠らず、見つけ次第駆除。今のところさほど数は増えてない模様。
やはり出始めの対処が肝心だね。

| | コメント (0)

2009.05.20

もろこし種蒔き第二弾

F090520_01□本日の作業
 ・第二期分のトウモロコシの種蒔き
 ・味美菜、水菜の種蒔き
 ・害虫ニジュウヤホシの見回り、駆除

いかにも八ヶ岳らしいカラッとした初夏の陽気の最高の畑日和の中、トウモロコシの第二期分の種蒔きをしてくる。
雨のせいで第一期の種蒔きが遅れた分、予定が若干狂って、蒔く間隔が短くなってしまったがまあ仕方あるまい。
あとは味美菜、水菜等葉モノの種蒔きを済ませる。
これであとはトウモロコシの残りを蒔けば夏野菜の植付けは終了。


F090520_02F090520_03
△トウモロコシと葉モノの種蒔き完了

F090520_09F090520_10
△今年はみ〜農婦が「移動コンパニオンプランツ」を実験中。
 これだとミントなどのハーブをポットに植えて、必要に応じあちこちに移動させられるのだとか。
 確かに去年は脇役のコンパニオンプランツの方がスゴいことになってしまったってことがあったかなぁ。
 これはちょっと面白いアイデアかも。

F090520_05F090520_06
F090520_07F090520_08

F090520_11ようやくジャガイモの葉が顔を出してきたが、同時にあの憎き害虫“ニジュウヤホシ”が早くも登場!!
しかもすでに産卵まで確認できた。葉が出始めたばかりなのにもうテリトリーを確保しているみたいだね。
当然即刻駆除!
とにかく先手必勝、出始めが肝心で産卵させないことが重要!!だからね。
ってことで今日のところは1号・2号畑は全て見回って完逐!
みなさんも見かけたら即刻駆除してください。
F090520_12F090520_13
△すでに卵まで発見!ラブラブ中でもお構いなしにやっつけましょう!

| | コメント (0)

2009.05.19

苗の買付け&植付け

F090515_01

□本日の作業
 ・苗の買付け(富士見のミヨシにて)
 ・ミニトマト、きゅうりの棚作り、苗付け
 ・ナス、カボチャの苗付け
 ・各種レタスの苗付け

休みをとって朝イチで富士見のミヨシに苗の買付けに行ってくる。週末は混むだろう平日にしてみたが、案の定ガラガラでゆっくり品定めが出来て良かった。でも、例年よりちょっと品数が少ないような。
で、去年作った“ティンカーベル”と“栗坊”が今年は無かったので、今年は“アイコ”と“坊ちゃん”にカムバックしてもらうことに。
あとはいつものようにキュウリの“夏すずみ”とナスの“千両二号”を買ってくる。

で、今年はカッコーが未だに鳴かず、今朝は霜が懸念されるほど寒かったりして、ちょっと心配はあったけど週末天気が怪しいこともあり、期を逃すよりはいいかと午後植付けまで済ませてしまう。
それしてもカッコーが鳴かないなぁ…今年は。

F090515_02
“ティンカーベル”が無かったので今年は“アイコ”に。
生で食べることが多いが、パスタとかにも使いたいので、肉厚のある“アイコ”の方が良いってこともある。
F090515_03F090515_04


F090515_05
毎年の定番“夏すずみ”。
今年も豊作をお願いしますよ(笑)
F090515_06F090515_07


F090515_08
これまた毎年おなじみの“千両二号”。
今年は美味い秋ナスが採れるよう、努力しよう。
F090515_09F090515_10


F090515_11
“栗坊”が居なかったので“坊ちゃん”に再登場を願う。
やんちゃな“栗坊”同様、“坊ちゃん”も豊作になってもらおう。
F090515_12F090515_13


F090515_14F090515_15

まるでレタス農家(笑)
サラダが主食の我が家の必需品ではあるが、ちょっと植え過ぎたかな(^^;)


F090515_16F090515_17ひとまず主な苗モノの植付けは終了。あとはハーブとトウモロコシの種まきだけだ。

| | コメント (0)

2009.05.13

種まき開始

F090513_01

□本日の作業
 ・トウモロコシの種まき1期分
 ・ロマノいんげんの棚作り、種まき
 ・味美菜、水菜の種まき
 ・玉レタスの苗付け

天気も良いし、土の状態も良さそうなので、先日出来なかったトウモロコシや葉モノ野菜、ロマノいんげんの種まきをしてくる。
それと出かけたついでに韮崎のJA梨北で“玉レタス”の苗を買ってきたのでそれを植える。
しかし折角植えたのに、今夜から寒気が入って気温が下がってくるとか…霜が降りなければいいけど(^_^;)

F090513_02F090513_03

▲今年もロマノいんげんにした。いつものように棚を作ってから支柱の根元に2粒づつ種を撒く。
 はやくこれをツマミにビールを飲みたい。

F090513_04F090513_05

▲第1期分のトウモロコシの種まきと玉レタスの苗付け完了。

F090513_06F090513_07

▲毎度おなじみ味美菜の1期分種まき完了。いつものようにひと穴3粒づつ。

F090513_08F090513_09

▲今年は“みずみずしい菜”という水菜をチョイス。袋の中にさらに袋入りってなんかスペシャルな種だった。

| | コメント (0)

2009.05.10

無作業撤収

F090510_01

種まきのため、畑へ行ってみたら何者かの足あとが!!
しかもよりによってじゃがいもの畝のど真ん中を…(_ _;)
きっと畝間の水が溜まっていたので畝の上を歩いたのだろうが、ふた畝をUターンするとは。
鹿ほど大きな生き物ではなさそうだが、苗を植えの時期を迎え一抹の不安がよぎる。注意しなければ。


で、肝心の種まき作業はというと先日までの大雨の影響で土のぬかるみが酷く、作業が出来ないので何もせずに撤収!!
野菜づくりではこういうことはよくある事。やらない方がいい時に無理してやってもいい事はない。
慌てず、焦らずが時には重要です。

| | コメント (0)

2009.05.02

じゃがいも撒き、下準備完了

F090502_01□本日の作業
 ・畝立て、マルチ張り
 ・じゃがいもの撒き付け

いよいよ今日から作付け開始。今日以外G.W中はず〜っと仕事なので、事前に今年のレイアウトを決めて全てのマルチ張りを終わらせておく事にした。

で、まず最初に“コメリ”にて見つけた“野菜の堆肥”ってモノを4袋購入しておいたので、それを全面に撒いてみる。
大量って訳ではないので気休めにしかならないかもしれないが、まあ実験ってことで。この位なら雑草の栄養にもならないだろうしね(笑)
成分としては農園で支給している“りほくの土”と同じようなモノのようだ。

F090502_02

袋のビジュアルに惹かれたんだが、“野菜の堆肥”なのにバナナやブドウが描かれているのはなぜ?(^^;)

F090502_03F090502_04

全面散布して軽く“こまめ”でロータリーを掛ける。

F090502_05F090502_06

F090502_07で、いよいよ作付けを開始するのであるが、今年はまたちょっと肥料を変えてみようと思い、これまた“コメリ”でみつけた有機100%という“ぼかしっこ”なるモノを入手。
それプラス去年使ってなかなかよかった“木酢発酵鶏ふん”をミックスして使ってみる事にした。
今まで使っていた“梨北野菜有機配合”もいいのだが、いかんせんちょっとお高いので(^^;)

で、その“梨北野菜有機配合”がちょっと余っていたので、ここでまた実験。4畝作るじゃがいもの畝の半分に“梨北野菜有機配合”+“木酢発酵鶏ふん”、もう半分を今年使う“ぼかしっこ”+“木酢発酵鶏ふん”を使って違いをみてみようと思う。
果たして違いは出るかな?

F090502_08F090502_09

まずは“りらん”区画に地縄を張ってレイアウトを決める。

F090502_10F090502_11

でもって、まずは“梨北野菜有機配合”+“木酢発酵鶏ふん”をミックスした肥料を北あかりの一方の畝に撒いて、畝立てする。

F090502_12F090502_13

で、もう一方に畝に“ぼかしっこ”+“木酢発酵鶏ふん”のミックス肥料を撒いて畝立てする。
“ぼかしっこ”もペレット(粒状)タイプの肥料なので、同じ量でも“梨北野菜有機配合”に比べ一見量が少ないような感じを受けるけどね。

F090502_14F090502_15

アンデス”も同様にして、じゃがいもの畝立て、その奥にもろこしのマルチを張って“りらん”サイドは準備完了。

F090502_16F090502_17

次にお隣の“らいなす”区画に地縄を張ってレイアウトを決める。

F090502_18F090502_19

ま、レイアウトっていっても最近は毎年だいたい同じなんだけど(笑)。
で、モロッコいんげんのエリア以外はマルチを張っておく。穴を開け易いこともあって農園支給品ではなく、土に還るタイプのマルチを使用。

F090502_20F090502_21

最後にじゃがいもを20株づつ撒き付けて、本日の作業は終了。
ここまでやっておけば、あとは種まきと苗の植付けだけなのでいつでもOK。
苗の植付けは今年もだいたい15日前後にやる予定。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »